北の銘菓『六花亭』のケーキ!

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■


 ブログ、開けてませんでした(^^;)


 WBC日本代表は残念でしたね(^^;)

 しかし、アメリカと僅差の勝負ができる日本の野球に感動させられました。

 ありがとう!

 そして、サッカー日本代表の雄姿のも興奮させられました。

 一点目の久保のシュート。今までの日本人ではなかなか決められないような、世界レベルの者でしたね。これは、初戦を落とした国がワールドカップ本戦に出られないというジンクスを覆すことができそうですね。実に喜ばしいことです。



 昨日は娘の誕生日だったんです。

 娘の成長を振り返りながら、喜びと幸せを嚙み締めた一日となりました。


 誕生日と言えば、やはりケーキですよね!

 手作りのケーキにするか?どこかのケーキを買ってくるか?などと話す中で妻が、『六花亭』のケー キにしてみようかと提案してきたのです。


 皆さん『六花亭』をご存知ですか?

 北海道が誇る銘菓なんです。

 帯広から始まり、今や北海道全域に店舗があります。

 帯広のあたりは昔から豆づくりが盛んで、アンコの材料となる小豆の名産地であったことから、たくさんのお菓子屋さんが生まれたと言われています。

 お土産などで、マルセイバターサンドやストロベリーチョコ、チョコマロンや大平原、雪やこんこ、マルセイキャラメル、最近ではマルセイバターケーキなどなど数え上げたらきりはありませんが、もらったことがある方も少なくないのではないかと思います。

六花亭①

 こんな紙袋や

六花亭②

 こんな袋で、お土産をもらったことはありませんか?

 そう、それが『六花亭』です。

 上の紙袋は、よく空港なんかでも見ますよね。私も持っていきます。


 道内にあるイートインスペースを併設したお店では、ケーキやピザ、ホットケーキにソフトクリームなんかも出しているんですよ。どれを食べてもはずは無し。丁寧に作られているなと感心させられます。

 また、店員さんもしっかりと教育されているのか、いやな対応をする方は一人もおりません。いや、一人ぐらいはいるのかな(笑) とにかく、笑顔で細やかな応対をしてくれるのです。素晴らし!もてなしの心ここにありといった感じです。


 この『六花亭』ポイントカードがあり、ポイントを貯めるとグッズと交換できたり独自のピアノコンサートに行けたりと、様々な企画をしているのです。その中の一つがバースデーケーキなんです。

 100円で1ポイントついて、バースでケーキは350ポイントです。なかなか高嶺の花ですよね。しかし、普段『六花亭』買い物していると、いつの間にかバースデーケーキが付いてくると思うと、得した気分です(笑)


 当日、受け取りに行ったケーキはこんな感じです。

六花亭③

 イチゴたっぷりで可愛らしいでしょう。

 大きさは25㎝×25㎝くらいの小さ目ではありますが、一口食べると驚き。生クリームの上品な甘さに負けないくらいのイチゴの甘さ、スポンジや柔らかいんです。完璧!私は一口だけ食べたのですが、十分満足できました。

 お店が付けてくれたローソクを立て、大きな声でハッピーバースデーを歌い、一息でローソクを消した娘は大喜び。切り分けたはずなのに、どんどんお代わりをし、ほとんどを食べてしまいました。その満足そうな顔に、幸せを感じるおとうちゃんでした(#^^#)


 娘の誕生日に合わせて、北の銘菓を紹介した見ました。北海道にお越しの際には、『六花亭』のイートインで安らぎのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ケーキ美味しそうですね
食べたいです(^^)

ありがとうございます。

そうなんです!
美味しいんです!
食べてもらいたいんです!
(笑)
たったの1,080円!?
アフィリエイトは成功者から学ぶのが一番!アフィリエイト初心者セミナー2017年春【動画版】ぜひ見て下さい。
FXには必須です。
とにかく勝率が凄いですね。 FXされる方は見ておいて損は無いと思いますよ。
プロフィール

北のおとうちゃん

Author:北のおとうちゃん


 〇性別:男性
 〇職業:自営
 〇性格:明るく、穏やか
 〇趣味:散歩
 〇好きなもの:お酒、遊び

ランキングに参加しました。
ポチッと応援お願いいたします。
ようこそ(^^♪


 札幌在住の43歳。お酒・遊び・人との出会いをこよなく愛しております。
 日本3大歓楽街に数えられるススキノは、とても楽しく刺激的な街です。しかしそこには、知らなければ陥る落とし穴や、知っていればもっと楽しめる面白さがあるのです。
 私のささやかな経験ですが実際に体験した情報ばかりですので、ススキノを歩く上での参考にしてもらえれば幸いです。
訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。