老舗の味、『玉藤』のとんかつで夫婦円満(*^-^*)

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■


サッカーの日本代表、最終予選ブロック首位を辛くも守りましたね。残り2試合、オーストラリアとサウジアラビアという強豪を残していますから安心はできませんが、なんとか通過してほしいですね。

なんと言っても、初戦を落とした国が予選を通過したことが無いというジンクスを破ることになるのは嬉しいですね(^-^)



さて、今日の昼ごはんは札幌のとんかつ店の老舗『玉藤』に行ってきました!(^^)!

創業が昭和27年というから、65年の長きにわたり愛されている店なんです。

少し高めの店なので気軽にはいかないのですが、今日は妻孝行のために二人でランチを過ごしてみました(^^;)


150x150_square_36931939.jpg

車を止めると、右にはベンツ左にはポルシェが止まっており、場違いな所に来てしまったかと思うような状態でした(笑)

車から降りて店に向かうと、入り口の前までお店の方が出てきて出迎えてくれ、温かいおしぼりをくれるのです。高級感が漂いますね。

店内も木の温かみのある落ち着いた造りになっており、ゆっくりしたくなる雰囲気です。

なんと言っても、お店の方の接客が至れり尽くせりで、とても気持ちよく食事ができるのです。


私は、店イチオシの“熟成ロースかつ定食 180g”1,383円(税込み)、妻は“熟成ヒレカツ定食 30g×3個”999円(税込み)を頼みました。

汁物は“しじみの赤だし”“生わかめ・豆腐汁(白みそ)”“三つ葉・なめこ汁(白みそ)”から選ぶことができ、私も妻も赤だしをたのみました。

また、ご飯も“今月の変わり御飯(今月はタコ飯)”“季節の五穀ご飯”“ゆめぴりか”から選ぶことができ、嬉しいことにおかわりが何度でも自由なんです。食べ盛りの方も、ご飯とキャベツをお代わりすれば間違いなく満腹になることができるでしょう(笑)

私は、北海道産のタコを使ったタコ飯とじゃこの入った五穀ご飯を頼みましたが、どちらもかなり満足のいくものでした。

ちなみに“熟成とんかつ”とは「豚肉を低温で18日間熟成させうま味と柔らかさを最大限に引き出した最良のお肉を、生肉状態で最低2.5センチという厚さに切り分け、挽き立ての生パン粉で包み大量の油で揚げた肉汁たっぷりの“とんかつ好きの為のとんかつ”」ということです。


メニューを頼むと、小さなすり鉢にゴマをたっぷりと入れてくれます。そのゴマをすりこぎでゴリゴリとしながら肉を待つのです。ゴリゴリしたゴマに辛口と甘口のソースを好みでブレンドしながら自分好みのソースでいただくのが玉藤流。私は辛口2杯に甘口1杯です。


そこにやってきました。

150x150_square_45521817.jpg

熟成ロースかつ。

サクッとした衣の中に溢れる旨みに驚かされます。肉は厚いのに、歯はすっと入るんです。そのまま食べても、からしだけ付けて食べても、ソースをつけて食べても、それぞれも味わいがあり飽きることが無いのです。


150x150_square_28373478.jpg

妻のオーダーした熟成ひれかつです。

とにかく柔らかい!そして脂身の少なさから赤肉の旨みがよくわかるんです。レモンとの相性もピッタリでした。

どちらも最上級の味わいですが、その割には手ごろに食べることができる。ランチはかなり得している気がします。


ここのとんかつが美味しいのは素材はもちろんのことですが、職人も大切に育てているところにもあるようです。店の案内には「玉藤とんかつ職人が、豚肉という食材をとことん追求し、肉汁の旨味、ジューシー感を引き出すために厚切りにし、手間隙かけた荒挽きパン粉で衣付け。一連の作業が一人前にできるようになるまで3年。玉藤はこの頑固なまでのこだわりを語り継ぎ創業55年。職人の巧の技を守り続けます。」とあるように、人づくりにも余念がない姿勢が良い店を守っているのだなと感じさせてもらいました。


妻も喜んでくれたし、実に言うことのないランチを過ごすことができました(#^^#)


おまけですが、会計の時に次の月いっぱい何度でも使える20%割引券をもらえるので、それを利用するとさらに安くでいただけるという素晴らしいお店でした。

皆さん、ぜひ行ってみて下さいね(^^ゞ





スポンサーサイト

いけだ牛とワイン。それからラーメン!?

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■


共謀罪が強行採決で衆議院を通過しましたね。どうなっているんでしょうね。

この法案はテロに対してという大義名分で進められているが、取り締まる規定が曖昧すぎる。現に、担当部署の大臣が理解できず、説明ができないものをどう施行していくのだろうか?あまりにも不明すぎる。

取り締まる側の解釈でどうとでもなるような法律は、まさに戦前の治安維持法になってしまうのではないかと危惧する。用い方をしっかりと規定し、丁寧に審議して、細かく説明した上で進めてもらいたいものだ。



今日は大通公園で開催されている『ライラックまつり』に行ってきました!(^^)!

IMG_2880.jpg


ライラックとは花の名前で、フランス語が由来のリラとも言います。昭和35年に札幌の木に選ばれ、札幌の初夏の訪れを告げる花として市民に愛されているのです。

花言葉は白い花が「年若き無邪気さ青春の喜び」 紫の花が「恋愛のはじめての喜び」と淡い喜びを表している花とも言えるでしょう。

IMG_2882.jpg


IMG_2878.jpg


IMG_2883.jpg

こんな感じの花です。綺麗でしょう。見たことがあるでしょうか?

この花が咲くころに合わせて開催されるのが『ライラックまつり』なんです。


私は“花より団子”ではないですが、各地方からやってくるご当地料理が楽しみなんです(笑) 今回はお祭りに併せて開催されされた『ライラックワインガーデン2017 リラマリアージュ』が目的でやってきました。


まずは、6丁目のご当地料理から池田町のいけだ牛のステーキを購入。それを持って7丁目へ。

7丁目の入り口では、

ワイン看板

そう、ワイガーデンが開催されているのです。

北海道内のワインの飲み比べができるんです(^^♪

25のワイナリーから、実に106種類のワインが出されています。心躍りますね(^-^)

IMG_2904.jpg


システムは一杯500円と800円のワインがありチケット制です。

IMG_2902.jpg

最初にチケットを購入し、同時にワイングラスをレンタルします。一個500円ですが、最後に返却するとその500円は返ってきます。グラスを割ってしまうと返ってこないということのようです(^^;)


赤ワインを購入し、先ほど買ってあった いけだ牛のステーキと共にいただきます。

旨い!!!

ステーキの甘みと赤ワインのキリッとしたところが絶妙のハーモニーを醸し出します。

そこにヤギのチーズと鹿肉の鉄板焼きも買ったものですから、ワインが止まりません。写真を撮るのも忘れて、次から次へとワインを楽しみました。

いつまでもここで過ごしたいなとも思ったのですが、今日の目的はもう一つあったのです。


それは、大通公園の8丁目でやっている『札幌ラーメンショー2017』でした。

全国各地の有名ラーメン店が競い合うというもので、今回も福岡、大阪、東京などから有名店が来ていました。その中に札幌からの出店もあるのです。どの店のラーメンも一杯800円です。

平日にもかかわらず、大勢の方が来ていました。

IMG_2893.jpg


IMG_2890.jpg


IMG_2892.jpg

こんな感じです。

どれも美味しそうで、迷いましたが。

今回は、

IMG_2895.jpg

透明なスープにシンプルな具。真鯛のダシがしっかりとした『灯花(東京)』“愛媛宇和島産 真鯛塩そば”。


IMG_2896.jpg

ネギときくらげ、それに牛タンが入った牛骨ダシの『喜蔵 kizo(東京)』“牛タン塩ネギラーメン”。

この二つでした。

札幌ラーメンとはかなり違うものの、さすが人気店。独特な美味しさがあるなと驚かされました。


少し肌寒かった大通公園でしたがラーメンでしっかりと温まり、ワインでほろ酔いになりながら、家まで大変上機嫌で帰ることができました(^-^)

軽く行くつもりでしたが、2人で1万円近く使ってしまいました(^^;)

しかし、心が躍る時間を過ごせてよかった。

ありがとうございました(*^-^*)




遠い遠い釧路で、素敵な味に出会いました(^^♪

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■


我らが北海道の日本ハムは、やっと4位に浮上しました。と言えどもまだまだ低迷しております。しかし、そんな中でも近藤健介選手は輝きを見せてくれています。現在のところ4割3分1厘。これまで誰もなしえなかった、4割バッターとしてシーズンを終えることができるかどうかが注目されているんです。

あのイチローさえも越えられなかった壁を23歳の近藤が超えたのなら、えらいことになりますね。

今後も楽しめそうです。札幌ドームに行かなきゃ(^^♪



さて、私は昨日まで釧路へ行ってまいりました。車での移動となったのですが、遠いですね(^^;) 高速道路を使ったのに、片道5時間もかかりました( ゚Д゚) 5時間かけて行ったのなら、帰りもやはり5時間かけて帰らねばなりません。途中、山々がとても綺麗だったりキタキツネと遭遇したりもしたのですが、ほとんどが何もない所を走り続け疲労がマックスでした(+_+)


しかし、せっかく釧路に行ったのだからと、日曜日で開いている店が少ない中でしたが、地元の人たちが教えてくれた人気店『南蛮酊』へと行ってまいりました。

この店は、“ざんたれ”が有名な店なんです。“ざんたれ”とは、北海道で鳥の唐揚げと言えば“ざんぎ”です。鶏肉をしっかりとタレで漬け込んでから揚げたものです。その“ざんぎ”に甘酸っぱいタレをかけて食べるから“ざんたれ”と言い、釧路のソウルフードとも言える食べ物なのです。さらに、地元の方が言うには、そもそも“ざんぎ”じたいが釧路から発祥したもので、釧路で食べるのが美味しいに決まっていると言うのです。

それでは、ということで行列のできる『南蛮酊』へと行くことになりました(笑)


150x150_square_13234525.jpg

店は、釧路の街中から少し離れたところにあります。それなのに私たちが着いた時には駐車場はいっぱいでした。店内も決して広い店とは言えず、混みあっています。ちょうど店を出る人がいて運よく入れた私たちは、4人で2階の席へと通されました。

メニューはかなりたくさんあり迷いましたが、周りを見るとどのテーブルも“ざんたれ”と“チャーハン”を頼んでいます。私たちも“ざんたれ”“チャーハン”“ホタテのフライ”“梅とんかつ”“ライスの大”を頼んでみました。

出てきたのは、

IMG_2872.jpg


IMG_2871.jpg

山盛りの“ざんたれ”に山盛りの“ごはん”でした。

ジュウシーなざんぎとタレのバランスが絶妙なんです。食べきれるかなと思っていたのに、ペロッとたいらげてしまいました。

この他“ホタテのフライ”は肉厚のホタテが甘いんです。タルタルソースとぴったりで取り合いになったほどでした(笑) さらに分厚い“梅とんかつ“も食べごたえ十分。二枚の豚肉にタップリの梅を挟んで揚げているので、柔らかくさっぱりとした味わいになっていました。そして、どのテーブルでも頼まれていた“チャーハン”は素朴な味わいで、飽きのこないのが地元の人気を集めているのだろうと思われ、「いくらでも食べられるな」と話しながら、完食させてもらいました!(^^)!


札幌から遠く離れた釧路の地で、食べごたえのある地元の味をいただくことができ、大満足でした。

なかなか簡単に行くことはできませんが、次はJRかバスで行こうと固く心に決めております(笑)

北海道は広いですよ!




つい、また行ってしまった(^^;)

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■


フランスの大統領選挙は無事終わったという感じでしたが、韓国はやはり文氏が当選してしまいましたね。日韓関係の悪化は避けられないですね。北朝鮮が現在の状況である以上、日韓の結束は欠かせないと思うんですが、どうなっていくのでしょうね。先行き不透明ですね。


最近、北海道、札幌という広い枠では間違いはないのですが、ススキノの情報を発信できなくてすいません(^^;) これからも、ディープな情報からさわやかな情報まで、北海道・札幌・ススキノを紹介していこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。



そう言いながらも今回は、つい行ってしまった『麵屋 そらともり』について、新情報もありましたので紹介していきたいと思います。

150x150_square_64374136.jpg

手稲にある『そらともり』。ススキノには無いのではないかと思えるような、やさしいラーメンを出すお店なんです。このラーメンの聖地・札幌にあって、大阪のお好み焼き屋さんぐらい頻繁にラーメン屋さんがある札幌で、この短期間でまた行ってしまうぐらい心に残りました。


今回食べたのは、

IMG_2836.jpg

味玉・熟成醤油ラーメン、850円です。

さらに平日はセットメニューがあり、私は小ライスと餃子が250円で付くセットにしました。

熟成醤油ラーメンは少し濃い目ですが、カツオのダシがしっかり効いており、作り手の一生懸命さが伝わってくる感じがしました。

今回はリピーターとして行ったので、前に食べた時に気になっていたメンマのことを店長に尋ねてみました。すると、「メンマは筍の元の方を使ったものが多いですが、ここでは穂先メンマを使っているのです。北海道ではあまりなじみが無いと思います。うちでは九州から取り寄せているんです」と恐縮しながら答えてくれた姿に、この人が作っているから、ここのラーメンは優しい味がするんだと感じました。それ程、人のよさそうな穏やかな雰囲気の店長でした。

餃子も丁寧に作られており、美味しかったですよ。


少しお店の人と話しながら調子に乗ってしまった私は、きれいな笑顔のお姉さんに「夫婦でされているんですか?」と尋ねてみました。すると「いいえ夫婦ではないんです」と笑顔で答えてくれたのです。これでまた、この店に来る動機が一つ増えてしまいました(笑)

私が、この店に近々行くことは間違いが無いでしょう(^^♪

皆さん、勘違いしないでくださいよ。私はラーメンが食べたくて行くのですからね(#^^#)


ぜひ皆さん、確かめるためにも行ってみてもらいたいなと思います(^^ゞ




優しいラーメンと、優しい笑顔(*^-^*)

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■


皆さま、季節の変わり目ですが、体調はいかがですか?

私は、腹痛と体のだるさ、鼻水に悩まされております。風邪ですね(^^;)

鼻の下は赤くなり、「鼻かみました!」みたいになってるんです。大人なのに。

世の中には、ひと箱1万円もするティッシュペーパーがあるらしいですよ。『十二単(じゅうにひとえ)』という名で、シュッと取ると70円だそうです。そんな紙なら赤くならないんでしょうね。



さて、ゴールデンウイークの最中ですが、昼間に一人ラーメンしてきたので紹介してみます。

下手稲沿い、手稲区前田6条14丁目『麵屋 そらともり』です。

ついこの間まで、『かくれ屋』というお店だったと思うのですが、そのつもりで行ってみると店名が変わっていたんです。売れなかったのかな? 美味しかったような気がしたけどな?


いざ、お決まりの塩ラーメンを食べてみると。

IMG_2787.jpg

とても素朴な感じのラーメン。嫌いじゃないです。

青のりが乗っているのも私好み。

さらにメンマが普通とは全然違うんです。筍を縦に細長く切った感じで節目もあったりするんです。そして、とにかく長い!これまでのメンマの常識を覆してくれるようなめんまでした。

スープの味は、とにかく優しいですね。

最近のラーメンは背油とか、とにかくコッテリを前面に出したものが多いですが、ここはとにかく優しい味でした。飲みすぎた後なんかは、こういうラーメンがいいなとつくづく感じながら食べていました。チャーシューは燻製が効きすぎて、ハムそのままと私好みではなかったのですが、おおむね良好。優しさに包まれながら、穏やかな時間を過ごさせてもらいました。


とりわけ注記しておきたいのは、お店の長身の女性が綺麗だということです。笑顔も美しく、それだけでいい空間ですよね(笑) ビールでも頼んで注いでもらいたかったな(^^;)

ぜひ、足を運んでみてもらいたいと思います。


私も、たぶん行くと思います!





たったの1,080円!?
アフィリエイトは成功者から学ぶのが一番!アフィリエイト初心者セミナー2017年春【動画版】ぜひ見て下さい。
FXには必須です。
とにかく勝率が凄いですね。 FXされる方は見ておいて損は無いと思いますよ。
プロフィール

北のおとうちゃん

Author:北のおとうちゃん


 〇性別:男性
 〇職業:自営
 〇性格:明るく、穏やか
 〇趣味:散歩
 〇好きなもの:お酒、遊び

ランキングに参加しました。
ポチッと応援お願いいたします。
ようこそ(^^♪


 札幌在住の43歳。お酒・遊び・人との出会いをこよなく愛しております。
 日本3大歓楽街に数えられるススキノは、とても楽しく刺激的な街です。しかしそこには、知らなければ陥る落とし穴や、知っていればもっと楽しめる面白さがあるのです。
 私のささやかな経験ですが実際に体験した情報ばかりですので、ススキノを歩く上での参考にしてもらえれば幸いです。
訪問者数
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR